ワンコ

愛犬のお散歩中の危険あるある「犬が逃げてしまった」

dogwalking

あなたが愛犬の散歩をする時、
カラー(首輪)+リード(紐)ですか?
それとも
ハーネス(胴輪)+リード(紐)ですか?

pet_dog_harness

実はどっちもワンコが外して道路に逃げてしまう危険が大きいんです。
カラー+リードかハーネス+リードか、どちらかを装着することをシングルリードと言いますが実はシングルリードは危険なのです。
その理由と対策「ダブルリード」の方法をまとめました。
それから今更聞きにくいリードの持ち方もおさらい。

シングルリードが危険な理由

カラー(首輪)もハーネス(胴輪)もスッポ抜けしやすい。

カラーの場合:ワンコが踏ん張ると、リードを引っ張るだけで首からスッポ抜ける。

ハーネスの場合:ワンコが嫌がって首を振ったりか体をよじるとリードを引いた時に足から脱げる。

pet_sanpo_iyagaru_dog

不注意で、手からリードが離れてしまう。

不注意でなくても、自転車等に追突された場合など不可抗力の場合もあります。
特に手に引っかけているだけだと危険です。

inu_lead

 

ナスカン・リード・カラー・ハーネスが千切れる・壊れる。

経年劣化・愛犬による破損などで壊れてしまう可能性があります。

シングルリードに代わる対策

以上を防ぐには、ダブルリードという方法がおすすめです。
ダブルリードとは、カラー+リード・ハーネス+リードの両方をつける事をいいます。
ダブルリードなら片方が取れたり・抜けたり・壊れたりしても、もう片方があれば逃走を防げます。

実際にあった逃走(シングルリードでの悲しい例)

シングルリードで起こってしまった悲しい例を上げます。
ダブルリードであれば100%安心安全とは言い切れませんが、リスクは下げることができます。

ペットホテルに預けていて、「散歩中犬が逃げてしまった」と連絡があった。

飼い主さんと違って、スタッフと犬には信頼関係がありません。
普段飼い主さんにはおとなしく散歩させてくれる犬だったかもしれませんが、犬が強く体をよじったりしてカラーやハーネスが外れてしまったのです。
このときシングルリードだったそうです。
普段散歩しない人は特に危ないですが、慣れた飼い主さんにも起こり得ます。

飼い主さんが散歩中手からリードを放してしまい愛犬が交通事故に遭い亡くなった。

これは昔知人で実際にあった話です。

番外:家の中で猫にハーネスをつけたら自分で脱いだ。

ハーネス外れます。

まとめ

ダブルリードは命綱です。飛行機であれば救命ベスト・海であればライフジャケットを想像してください。重要さが伝わりますでしょうか。

両方手に持つか、片方を腰などに着けるのもアリです。

そしてリードの持ち方も大切です。
それから今更人に聞きにくいリードの持ち方もおさらい。
手首にひっかけておくだけではすぐに制御ができませんし、手からスッポ抜けてしまいます。
手をパーにして
親指にリードの持ち手をひっかけてから
手のひらで紐を一回転巻いて
グーで握ってください。
(長すぎる場合は、たぐって持ちましょう。)

まだシングルリードの方は今すぐ買いに行きましょう。
そうそう、時々お散歩用品の点検も忘れずに。
さあ、安全で楽しいお散歩ライフを。