未分類

ペットホテルに猫が合わない理由と預ける以外の方法

猫を預けられるペットホテルが少ないのはなぜ?

ペットホテルはお預かりの対応が犬だけで、猫は要相談だったりお預かりしていない所があります。なぜかというと猫はペットホテルに合わない動物だからです。

ペットホテルに猫が合わない理由

慣れない場所のストレスで体調を崩してしまうから

実例です。
・お迎えに行った時に元気がなかった。
・ペットホテルでは隅で小さくなっていた。
・ペットホテルではずっと鳴き続けていた。
・いつもは元気な子なのに、預けてお迎えに行った時に元気がなかった。

ストレスからごはんを食べないから

単純にかわいそうなだけではなく、猫は犬や人間と違い、3日食べなかったりすると肝臓を悪くする可能性があり危険です。

肝リピドーシス
肥満体の猫が、3~7日間絶食状態となると発症しやすいと言われている。
猫に特徴的な肝臓疾患で、様々な原因によって猫が食欲廃絶、絶食状態となると体内の脂質が肝臓へ沈着することで発症する。 脂肪変性した肝臓は機能が低下し、徐々に肝不全の状態となり、無治療では致死的な状態となる疾患である。 

トイレを我慢してしまうから

慣れないニオイの場所でトイレを我慢してしまい、膀胱炎などになってしまうケースも。

 

以上の理由から、猫はペットホテルに合わない動物なのです。
特にシニアからは預ける以外の方法を取ったほうがベターです。

預ける以外の方法

信頼できる友人親戚に頼む

家の鍵を渡して最低限ご飯とトイレのお世話をしてもらう。
※「バイト」など、おおっぴらに対価が発生すると法律違反になってしまいます。

第一種動物取扱業者として登録していない方が、動物を譲ったり、貸したり、預かったりする際に、何らかの対価(金品に限りません。)を得ると、動物愛護管理法違反(無登録営業)として100万円以下の罰金に処せられる可能性があります。営利性、社会性、頻度、数などを総合的に考慮するため、個別の事例ごとに判断されますので、たまたま、1匹だけ親戚の動物を世話して小遣い程度の金銭を受け取った場合などは、違反にあたらないと判断されることもあります。

ペットシッターに頼む

ペットシッターに頼む方法です。
Googleなどで、◯◯市 ペットシッターと検索すると近くのペットシッターが出てくるかもしれません。
色んなペットホテルがあるように、様々な考えのシッターがいますから、合う人を探してみてください。ホームページを見たりGoogleの★評価などがあればどんなことが書かれているのか中身を確認すると、なんとなく人柄やスタンスなどがわかります。

猫だけでお留守番させる

1泊2日までならご飯山盛り、水の器たくさんで対応できるかもしれません。
できればトイレも増やすと、トイレが汚くて我慢する可能性が減ります。

条件
・健康で若い成猫
・自分でご飯を小分けにして食べられる
・カリカリだけ食べている
・寂しがりじゃない

注意
帰ってきたら、食べすぎたことによるゲロがあるかも。掃除を覚悟してください。

こんな場合はやめよう
・ウェットフードを食べている場合。封を開けたものを長く置いておくのはよくありません。
・すぐトイレをキレイにしてほしい繊細な子
・寂しがりな子
夏場(飲み水が腐ります)