ペットシッターおすすめ

【ペットシッターおすすめ】猫のいる家庭で災害に備えて準備すべき物まとめ!

cage

災害列島と呼ばれる日本では、普段から災害時の備えは欠かせません。
ペットを飼っているご家庭では合わせてペットの備えが大切です。

本記事では猫のいる家庭での災害対策について解説します。

備えは日頃から

非常持ち出し品を用意する

避難時に持ち出すものはリュックサックにまとめておきましょう。

具体的には以下のものを人間の荷物と一緒に入れます。

  • 最低限のフード
  • 最低限のお水・折りたたみのお皿(紙皿でもOK)
  • 大事な薬
  • キャリーに敷くペットシーツ何枚か
  • ペット用ウェットティッシュ
  • ゴミ袋

個人的に災害セットのリュックよりもスポーツメーカーのリュックの方が背負いやすいと感じています。ご参考まで。

FILA フィラ シリコンワッペンビッグリュック リュックサック メンズ レディース 大容量 通学 高校生 中学生 女子 通勤 PC収納 ブランド おしゃれ バックパック スポーツリュック 人気 アウトドア a4 軽量 軽い 旅行 スポーツブランド 黒 白 ピンク ベージュ outfit

ペットはキャリーに入れましょう!
ペットを一緒に外に連れ出すときは慣れたペットでも恐怖から暴れたり、逃げてしまう危険性があります。

ウンチ・オシッコ対策にキャリーにペットシーツを敷いておくのがおすすめ。

非常備蓄品を用意する

非常持ち出し品とは別に、備蓄用品を準備しておきましょう。

詳しくは次にまとめます。

災害に備えて準備すべき物まとめ

動物病院でしておくこと

大切なお薬は数に余裕を持って獣医さんから買っておきましょう。

フロントラインプラスなどのノミ対策を。(市販のノミ対策より著しく有効。)

猫の予防接種は法定予防接種ではありませんが、ペットホテルに預けたり、ペットを連れて避難所に入るときに必要な可能性があるので、体調や年齢も考慮して打つか決めてください。

いつものフード

stock

災害時いつものフードがすぐに手に入るとは限りません。

長持ちするものなので普段から多めに買っておいて賞味期限が早いものから食べましょう。(ローリングストック)

ペットも飲める水

硬度の高いミネラルウォーターはペットには向きません。

ペットにはペット用の軟水のウォーターが無難でしょう。

ちなみに、ペットとって一番いいのは実は水道水。軟水で雑菌がわきにくいからです。災害時はそうも言ってられませんね。

出来たら人用の水も軟水にしておけば分け合えるので安心です。

おすすめのペット用の水はこちら。


ペットの天然水 Vウォーター(2L*6コセット)

ペット用食器

大きい地震が起こると・・・
ペットのお水がこぼれてしまい飲めなかったケースも。

念のため水入れを2つ以上配置することでリスクを減らせます。

災害時にはWiFi対応の自動給餌機やコンセントを使う給水機は使えない可能性が高いです。
割れないお皿などを複数用意しておきましょう。


【 猫 フードボウル 】Popware ぺたんこボウル Sサイズ メール便OK【 ペット フードボール 餌入れ 水飲み 器 給水器 食器 皿 犬用食器 猫用食器 超小型犬 小型犬 犬用 猫用 icat i dog 楽天 】【 あす楽 翌日配送 】

折りたたみケージ+トイレ

災害時の人とペットの共存のためにはケージが不可欠です。
ケージに入るサイズのトイレも用意しましょう。

下で紹介するタイプなら軽くて小さく折りたためますので持ち出しもとても簡単。もし普段から使うことを考えているなら、金属などの丈夫なものを。

uだん
猫壱 ポータブルセット ケージ+トイレ 黒 折りたたみ 災害 犬 猫 関東当日便

いつもの砂

いつもの砂も普段から多めに買いおきしましょう。
上記で用意したトイレにペットシーツを敷いて、その上にいつもの砂を敷きましょう。
ペットシーツはガムテープで固定するといいですよ。

普段使っているのがシステムトイレ砂の場合はもちろん、普通の鉱物砂や紙砂であってもペットシーツを敷くことでトイレが汚れにくくなるというメリットがあります。

キャリーバッグ

キャリーバッグは避難する時にすぐ使うので、非常持ち出し品を入れたリュックサックの近くに置いておきましょう。

かわいいポータブルキャリーバッグはこちら。

猫壱 ポータブルキャリー【送料無料】

ガムテープ

ケージやキャリーが布製などの場合、元気な猫ちゃんだと齧って穴が開くことも。
丈夫な布のガムテープで補修しましょう。

家具や家財など跡が残ると困るものには、養生テープがおすすめです。

ガムテープは何かと使えるので複数用意しておきましょう。


カウネット 布テープ 重梱包用 5巻 | 梱包 梱包資材 テープ 引っ越し 引越し ガムテープ 布 梱包テープ 粘着テープ 作業用品 生活雑貨 まとめ買い カウモール

ペットの写真

災害時、ペットが行方不明になったりすることも。

災害が起こる前からペットの写真を準備しておくと、万一の時に探しやすくなります。

スマホの写真は電源が切れると見られないので、紙のアルバムを同時に用意しておくことをおすすめします。

災害時に停電が発生するとスマホは繋がる電波を何度も探すため、通常より電池の減りが早くなります。

紙のフォトアルバム作成はこちらのdフォトがおすすめです。
NTTドコモのサービスですが、他社の方でも簡単にアルバムが作れます。

スマホで撮ったままになっているかわいいペットの写真で、オリジナルのフォトブックを作ろう。

ペットの情報

  • ペットの名前
  • オーナーの名前・電話番号・住所
  • ワクチン接種状況(証明書があればコピー)
  • 健康状態
  • 既往症
  • かかりつけの病院

以上の内容を猫の写真の余白に書いておきましょう。

マイクロチップも有効です。
ちなみに法律が改正されて、子犬と子猫にはマイクロチップ装着が義務付けられましたが、すでに飼われている愛犬愛猫には努力義務となります。
高齢の猫の場合は、かかるストレスも心配ですのでよく考えて獣医さんに相談するなどしましょう。

まとめ

準備すべき物

・くすり
・いつものフード
・ペットも飲める水
・ペット用食器
・折りたたみケージ+トイレ
・いつもの砂
・キャリーバッグ
・ガムテープ
・ペットの写真
・ペットの情報

賞味期限のチェックも年に1回くらい行いましょう。

いかがでしたか?
いざという時少しでもあなたと愛猫が安心できるように今日から準備しておきましょう。